天体望遠鏡特集

2018731、火星が太陽に近い軌道で接近するため、約15年ぶりに地球に「大接近」します。
赤く大きく輝く火星が7月31日を基準に前後1ヵ月楽しめます!
ぜひ天体望遠鏡で観測してみてはいかがでしょうか?

※ 次回の大接近は17年後です!このチャンスを逃さないでください!

7/31に火星が大接近!

地球が太陽の周りを約365日で1周するのに対し、火星は太陽の周りを約687日で1周するため、地球と火星は780日毎(約2年2ヶ月毎)にならないと接近しないこととなります。

また太陽系の惑星は全ていびつな軌道をしているため、接近時いつも同じ距離で接近するわけでもありません。【図1】

火星が太陽に近い軌道にいる時に、地球との接近が起こると「大接近」となり、火星が太陽から一番離れた軌道にいるときに地球との接近が起こると「小接近」となります。 2018年7月31日は、太陽に近い軌道で接近するため、約15年ぶりに「大接近」となります。赤く大きく輝く火星を是非観測してみてください。

おすすめ天体望遠鏡はこちら ▶

火星を見るには?

火星を見る条件は、なんと言っても「見掛けの大きさ」が大きい事です。火星は最接近以外の時期は見掛けの大きさが3.5″くらいと非常に小さく、天体望遠鏡を使っても赤い丸い点くらいにしか見えません。

しかし大接近となる7月31日は、地球と火星との距離が5759万kmとなり、見掛けの大きさは24.3″と通常より7倍大きく見えます。

大接近時はもちろん、前後1か月くらいは視直径20″以上で観測ができるので、今年の夏休みは火星観察には絶好のチャンスです次に大接近になるのはさらに17年後ですのでこのチャンスを逃さないようにしてください。

但し、火星は最接近の頃でも視直径は月の視直径の約1/77と小さいので、肉眼では普段より明るく見える程度にしかわかりません。是非天体望遠鏡を使って観測してみてください。

8.5cm以上の望遠鏡があれば火星表面の模様なども観測できるでしょう。できるだけ口径の大きな望遠鏡を選び観測してみてください。

おすすめ天体望遠鏡はこちら ▶

火星の位置と動き

火星の位置は?

#

7月31日の大接近時には火星はやぎ座あたりに見ることができます。東京では、18時51分に東の空に昇り、翌朝4時18分に沈むまでほぼ一晩中観測できるでしょう。

31日の21時ごろの図です。南東の低い空にあるのがわかります。【図3】

この時の木星の明るさは-2.2等で火星は-2.8等の明るさで見ることができます。

この時間、月はまだ昇ってきていないので夜空の中で一番輝いている星が火星という事になります。

火星は、大接近の7月31日以降、見える位置が大きく変わります。

火星の動きは?

#

今年の火星は明るさを増しながら、てんびん座からさそり座を通り、へびつかい座、いて座、やぎ座へ順行して行き、6月28日やぎ座で留となります。

その後逆行となり7月31日の大接近時にはやぎ座の中で火星を観測できるでしょう。【図4】

1月頃は見かけの大きさが4.8″位で明るさは1.5等とまだ暗いですが、大接近時(7月31日)は見かけの大きさが24.3″、明るさ-2.8等と見かけの大きさは約5倍、明るさも約39倍となります。

順行から留(6月28日)、逆行してから留(8月28日)の間に、地球が火星を追い越して行く頃です。

この頃が地球と火星の距離が近くなり火星観測の絶好期となります。再び順行になる8月末頃から地球と火星の距離はどんどん離れ見かけの大きさも小さく、光度も暗くなっていきます。この後、火星は天空上を西へと大きく動き回ります。

そのようなことから、火星観測は6月末頃~8月末くらいにするのがおすすめです。できるだけ口径の大きな望遠鏡で倍率を上げて(100倍以上)で見てみると面白いでしょう。

望遠鏡選びのポイント

天体望遠鏡は光学系に係わらず、有効径(主なるレンズや反射鏡の直径)が大きいほど、より暗い星(極限等級)を、より細かく(分解能)、見えるようになります。

おすすめ天体望遠鏡

#

火星の模様の観測におすすめ!

MEADE AZM-90

入門者でも扱いやすい屈折式の光学系を、架台部は上下・左右の動きで扱いやすい経緯台式を採用した天体望遠鏡。
従来品の入門用天体望遠鏡は口径60mm近辺のものが多く発売されてきましたが、AZM-90はより多くの光を集められるよう90mmの光学レンズを採用しています。
安定性が求められる三脚には、ワンタッチ式のスチール三脚を採用して揺れに強く、組立しやすいのでフィールドでの観測に便利です。
月のクレーターやガリレオ衛星、火星、土星の環、星雲・星団など、多くの天体を手軽に観測するのに最適です。

詳細・ご購入はこちら ▶
#

vixen スペースアイ600

組立・操作が簡単に行えるコンパクトな天体入門機。
架台部には上下・水平方向に微調整で動かせる微動ハンドルが付いているので目的の星を導入しやすいです。
軽量3.3kgのコンパクトで、持ち運びに便利なキャリングバッグが付属!組立・操作もとても簡単に行えます。内蔵の簡易ウェッジは赤道儀(天体を追尾できる架台)としても簡易的に使用できます。
アクロマートレンズを採用しているので、火星はもちろん、月のクレーター、木星の衛星、土星の輪など幅広く観測できます。

詳細・ご購入はこちら ▶
#

ミニポルタ SPACE TRAVELER D60 toy

子どもの天体観測デビューにピッタリのカラフルでおもちゃのような天体望遠鏡。
対物レンズにマルチコート、鏡筒の内側には反射を防ぐマットコーティング、レンズも一つ一つコバ塗りを施した特別仕様品。お子様から大人まで本格的でクリアな像が楽しめます。
軽量なので、お子様にも楽しみながら簡単に設置が可能です。
観察したい天体を簡単に見つけることができるように鏡筒にはファインダーが装備されています。

詳細・ご購入はこちら ▶
#

CELESTRON OMNI XLT AZ80

世界最大の望遠鏡メーカー「セレストロン」が日本総代理店「サイトロンジャパン」企画で生産した日本限定の天体望遠鏡。
フリーストップ式経緯台望遠鏡なので上下左右の粗動は手動で動かし、星や惑星を見つけたら、微動ハンドルでゆっくり動かせるのでうっかり視界から消えてしまわない初心者向けの仕様になっています。微動ハンドルは簡単に操作ができるように長い微動ハンドルが付属されています。
鏡筒は、焦点距離900mmで付属のアイピース(プローセル20mm/6mm)で、倍率は150倍にもなります。

詳細・ご購入はこちら ▶

2018年には惑星観測好機がいっぱい!

2018年は次々に惑星が接近し、天体望遠鏡が大活躍する年!
7月31日には15年ぶりの大イベント「火星が大接近」します。
見ごろになった惑星観測で肩を慣らして、火星の接近に備えましょう!

5月9日「木星が衝」2月~8月末が見頃

この頃、最も地球に近づき明るくなります。

小型の望遠鏡でも、表面の縞模様や、4大衛星が簡単に観測できます。
大きめの望遠鏡なら大赤斑が観測できるかもしれません。

6月27日「土星が衝」3月末~9月末が見頃

この頃、天の川の中にあり、周りの星の素敵な演出の中、0.1等の明るい土星が観測できます。

ここ数年の中でも、地球から見た土星は傾きがあるため、輪が大きく開いて見える時期でもあります。ぜひ大きめの天体望遠鏡で輪や惑星カッシーニを観測してみてください。

7月31日「火星大接近」6月末~8月末が見頃

15年ぶりに火星が地球に大接近!火星表面の観測にチャレンジしよう!

今回の大接近では、望遠鏡を使って火星の表面の模様を見ることができる15年ぶりのチャンス!

しかし、大シルチス、極冠など、模様まで見るためには、高倍率に耐えられる大きな口径(85mm以上がおすすめです。)の望遠鏡が必要となります。
次回の大接近は17年後。このチャンスに火星の姿を目にしよう!

2018年惑星の観望好機 ★:最もよく見える時期

天体望遠鏡商品一覧 ▶

天体観測をしてみよう

観測場所

天体観測には、家の明かりや街灯が少なく周囲が開けているところが良いのですが、町明かりのある市街地で観測する場合は、直接明るい光が目に入らない場所で周囲が開けているところを探すと良いでしょう。(天体観測する時の注意をよく読んで観測場所を選んでください)

また月の観測が目的でない場合は、月明かりでも星は見えにくくなってしまいますので、月明かりの少ない晴れた日を選ぶと良いでしょう。

#

観測準備

事前に、日の入や日の出の時間、どんな天体が見られるのかをチェックし、観測目的に合わせ機材を準備しましょう!天体望遠鏡は、明るいうちに準備が必要な場合があります。詳しくは、天体望遠鏡の取扱説明書をご覧ください。
夜間は思った以上に冷え込みますので、必ず防寒着をお持ちください。夏は、防虫対策も忘れずに行ってください

目を慣らす

明るい室内から屋外に出ると、目が暗さに慣れないので星も良く見えません。10 分くらいは、明るいものを見ないで目を暗闇に慣らしてください。
長時間観察の時は、イスやレジャーシートなどがあると便利です。

天体観測する時の注意

● 天体望遠鏡や双眼鏡で太陽を絶対に見ないでください。失明する恐れがあります。
● お子様は必ず大人と一緒に行き、危険な場所(川や池、崖のそばなど)に近づかないようにしてください。
● 車に気をつけるなど安全面に十分に配慮して観測してください。
● 山中などで観測する場合は、熊などの野生動物に十分ご注意ください。
● 暗闇では、懐中電灯で足下を照らしながら安全を確認しながら移動してください。観測場所に着いたら、安全面に支障のない範囲で懐中電灯を消してください。天体観測するには、暗闇に目を慣らす必要があります。
● まわりの迷惑にならないところで観測してください。

天体望遠鏡商品一覧 ▶
天体望遠鏡
    テント
      寝袋
        ライト・ランタン
          コンロ・ストーブ
            その他のアウトドア
              レジャーシート・マット