生ごみの悩みを「乾燥」で解決!パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)【生ごみ減量乾燥機】

生ごみの悩みを「乾燥」で解決!パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)【生ごみ減量乾燥機】

パリパリにしてゴミの量が1/5!

ゴミ出しの回数が月2回に

生ごみのおよそ80%が水分ってご存知でしたか?
「パリパリキューブ」は、温風を吹き付けることで水分を飛ばして乾燥させて、体積をなんと1/5程度に 圧縮が可能。つぶして新聞紙でくるめば、さらに少量になります。
忙しい朝にゴミ出しで焦ることもありません。

実際の処理中の様子

キッチンを清潔に保つ

菌の繁殖を防いでニオイ、コバエを抑える

水分が残った生ごみは腐りやすく、汁だれしたり、嫌なニオイやコバエの原因になります。乾燥させた生ごみは時間が経っても腐ることなく、乾燥した香ばしいにおいがするだけ。独自の脱臭ユニットで、乾燥中のにおいも防ぎます。夏の生ごみ対策にピッタリです。
※脱臭フィルター1個あたりの交換目安は4~6か月です。

骨、貝殻、つまようじ、プラスチックのスプーン…

分別不要!何を入れても大丈夫

バスケットに骨や貝殻、つまようじなどが入っていても問題なく乾燥が可能。
面倒な分別をせずに運転することができます。
※発火・爆発の恐れがあるものは不可(石油類、火薬、アルコール、マッチなど)

深夜でも使える静音性&
肥料としても使えるエコ

破砕刃を使ってかき混ぜたりせず、温風だけで乾燥させるため、とても静か。音量レベルは36dBで、深夜でも安心して運転させることができます。またパリパリにした生ごみは、有機質肥料としても使えます。65cm幅の標準プランター(土約12L)に、約1cm角につぶした乾燥処理物を紙コップ8杯分(200ml×8)混ぜるのが目安です。

アルファのみの新機能

自動停止予約3時間後スタート機能が追加

旧モデル(PCL-31)に新機能がプラスアルファ!
生ごみの乾燥状態を自動で判断する「自動停止機能」が追加されたことで、無駄な処理時間を短縮して脱臭フィルターの寿命の向上につなげました。
また、予約3時間後スタート機能も追加され、深夜電力の活用も可能になりました。

専用のバスケットに水切りネットを張れば、三角コーナーの代わりに。
乾燥させるときはバスケットごと本体に入れられるので、生ごみに直接触れることがありません。

洗剤につけ置きOK、いつでも清潔

処理容器・バスケット・押えカバーは、運転終了後に柔らかい布やスポンジで軽く水洗いするだけ。汚れがひどい時は、処理容器にぬるま湯を入れて台所用中性洗剤で浸け置きも可能です。脱臭フィルターの交換も、約4~6か月に1回程度です。

ディスポーザーよりはるかにお手頃価格!

ディスポーザーは自治体によって禁止されていたり、浄化槽の設置が条件になっていたりとハードルが高い上に、費用もかさみます。パリパリキューブライトは約2.5万円とお手頃価格で、乾燥物は肥料にもなります。

ゴミ出しの日まで置いておきたくない生ごみを、パリッと衛生的に!

週1、2回のゴミ出しまで湿った生ごみを家に置いておくのは、ニオイや菌、虫などが気になる…。 パリパリキューブライトを使えば、菌の繁殖を防いでニオイも抑えます。容量も1/5になるので、ゴミ出しの回数も減り、忙しい朝にゆとりが生まれます。

家庭菜園やガーデニングの貴重な肥料に!

乾燥物は有機質肥料として使えるので、花や野菜を育てているけど肥料を買いに行くのは面倒…という方にぴったりです。

夏の嫌なニオイ、虫を防ぐ!

夏場は特に気になる、腐りやすい生ゴミのニオイや虫。パリパリキューブライトで乾燥した生ゴミは、長い時間が経っても腐りません。

パリパリキューブライト PCL-33

5台限定価格¥23,800 (税込)

製品ページを見る

5台限定価格¥23,800 (税込)

製品ページを見る
仕様
処理方式 乾燥式
設置場所 屋内用
最大処理量 0.7 kg
消費電力150 W
電気代/回 27 円
騒音 36 db
脱臭機能 
幅x高さx奥行き215x283x215 mm


TOP

  • ¥[読み込み中]

     

     

    送料:¥