パネルの種類

液晶テレビ 
液晶テレビのラインナップをみる ≫

寝室や子供の部屋に最適な20インチ以下のコンパクトなタイプからリビング用として使える60インチ以上の大型タイプまでラインナップが豊富です。

メリット

・サイズ、ラインナップが豊富。
・消費電力が低い
・値段が安い

デメリット

・黒い画像の表現が弱い
・残像が残りやすい

有機ELテレビ 
有機ELテレビのラインナップをみる ≫

液晶テレビとは違いバックライトがなく、カラーフィルターとガラスのみで構成されています。
RGBの光を放つ素材が有機ELパネルに配置していて、黒が液晶よりも鮮明な「黒」になり、動画配信サイトやゲームの4K高画質な動画には液晶よりも有機ELのほうが向いています。

メリット

・本体が薄くて軽い
・視野角が広いため、置き場所に自由がきく
・応答速度が速い

デメリット

・55インチ以上の大型製品が多いので消費電力が高い
・寿命が液晶テレビより短い

2K、4Kテレビの画質

フルハイビジョンテレビ (2K)

フルハイビジョンテレビ(2K)

テレビ画面の表現力に一番関わるのが解像度です。
フルハイビジョンテレビ(2K)は1920×1080画素で約200万画素となります。4Kと比べると画素数は劣りますが40型未満のテレビでは画質の差は少ないです。実際に50型くらいまでのサイスでは十分に精細な映像を楽しめます。

フルHDテレビ一覧

4Kテレビ、4K対応テレビ

4Kテレビ、4K対応テレビ

4Kテレビの解像度は3840×2160で、フルハイビジョンの4倍、約829万画像です。40型を超える大画面になると映像クオリティの差が感じられ、フルハイビジョンでは表現できなかったディテールまで鮮明に再現します。
画面に近くても画素の粗さが気にならないため、視聴距離の目安は同じ大きさのフルハイビジョンテレビの約半分になり、圧倒的な臨場感と没入感を味わえます。

4Kテレビ一覧

4Kテレビと4K対応テレビの違い

BS・110 度CS用の4Kチューナーが内蔵されているテレビは4Kテレビ、内蔵されていないテレビは4K対応テレビと分けられます。
現在2K テレビのみをお持ちの方は、「4K・8K放送に対応したテレビ設備(4Kテレビor4K対応テレビ+4Kチューナー)」と「受信設備(2K・4K・8K対応BSアンテナなど)」の新設が必要です。現在「4K対応テレビ」をお持ちの方は、「4Kチューナー」と「受信設備(2K・4K・8K対応BSアンテナなど)」の新設が必要です。
参照元:http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin_questions02.html

画面のサイズ

視聴距離に応じて最適な画面のサイズが決まります。フルハイビジョン(2K)の場合は画面の高さ×3倍の視聴距離が、4Kテレビの場合は画面の高さ×1.5倍の視聴距離が目安です。

サイズ
(画面の高さ)
フルHDテレビ(2K)
視聴距離
4Kテレビ
視聴距離
~32V型
(~約40cm)
約 1.2m
40~49V型
(約50~61cm)
約 1.5~1.83m 約 0.75~0.92m
55V型
(約68cm~)
約 2.04m~ 約 1.02m~

価格帯・メーカーから探す

プライベートブランド
マクスゼン
コスパ抜群!高性能ブランド
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!