おすすめドライブレコーダー特集

ドライブレコーダーで
安心のドライブを

あおり運転対策として注目度が高まっているドライブレコーダー。 愛車に搭載し証拠映像を残すことで、万が一の時にあなたの身を守ります。 危険運転への対策としてぜひとも搭載したいドライブレコーダーですが、 機能や種類が多く、どれを選べばよいかわからない人も多いはず。 ドライブレコーダーの選び方とおすすめドライブレコーダーから あなたにピッタリのドライブレコーダーがきっと見つかる。

ドライブレコーダー選びのポイント

画質は「フルHD」以上

周囲の状況をしっかりと映像に記録できるかが、ドライブレコーダー選びの重要な ポイントになります。鮮明な映像を残すために、画素数は200万画素以上で解像度 は1920×1080(フルHD)以上のモデルを選びましょう。より鮮明な映像を求める 方は、2560×1440(WQHD)のモデルがよいでしょう。

レンズの画角は、カメラの撮影可能な範囲を表し、画角が大きいほどより広範囲の映像を 残すことができます。特にドライブレコーダーに大切なのが水平画角です。基準としては 水平画角が108°以上のモデルを選ぶと安心でしょう。より安心なモデルとして水平画角が 120°以上のモデルも良いでしょう。

レンズ画角の広いモデルを

暗所や逆光でも鮮明か

夜間の運転時や、トンネル内では、ドライブレコーダーの搭載しているレンズ性能 によっては画質が粗かったり、白飛びして証拠を残せない場合があります。F値の 小さいモデルを選ぶことで暗所でもしっかりと映像を残すことが可能です。また、 明るさを自動調節するHDR、WDR機能を搭載したモデルもあります。

その他のポイントもチェック

駐車監視機能

運転中だけでなく、駐車時のトラブルも心配です。駐車監視機能を搭載したモデルであれば、駐車時に衝撃が加わった時、動くものを感知した時等に録画が可能になります。

イベント録画

イベント記録は、運転時に車が衝撃を受けた時や急ブレーキ、急なハンドル操作が発生した時に事故の可能性に応じて上書きのできないファイルに映像を保存します。

GPS機能

運転時の映像だけでなく、場所や日時も同時に記録することで証拠としての能力が高くなります。走行速度等を記録するモデルもあるので、性能を確認しましょう。

おすすめドライブレコーダー

コムテック HDR-852G

GPS搭載高性能ドライブレコーダー

5つの安全運転支援機能で快適なドライブをサポート。さらに2.7インチ大画面採用で本体でも見やすい。
フルHDの約1.8倍高精細なWQHDを採用。従来よりくっきりした映像でナンバーも識別可能。
HDR/WDRで夜間も綺麗。白とびなどの明暗差を補正し、逆光にも強い。
全国に設置されている自動速度取締機へ接近するとお知らせを行います。

続きを読む

品切れ

YUPITERU SN-ST50c SUPER NIGHT

夜も鮮明記録、SUPER NIGHTモデル。FULL HD録画、GPS&Gセンサー搭載。

自動で感度を調整して、昼夜を問わずきれいな映像を記録します。
HDR搭載で白とびや黒つぶれを抑え、より鮮明な映像を記録。
200万画素CMOSで高画質記録。FULL HD高画質記録なら映像が鮮明なので安心です。
GPS・Gセンサー搭載で万が一の事故時も、より確実に映像を記録。GPSは自車位置の情報・日時・速度情報なども映像とともに記録します。

続きを読む

品切れ

JVC GC-DR1

高解像度3M録画。使いやすさ重視の設計で、入門機に最適!

フルハイビジョンを超える高解像度で、細部の情報まで鮮明に記録できます。
ワイドダイナミックレンジ搭載で「白飛び」や「黒つぶれ」を抑え、クリアな映像を記録します。 「車線逸脱警告」「発進遅れ警告」「前方衝突警告」機能を搭載。
イベント発生時の衝撃を検知する「Gセンサー」と、速度・高度・緯度などの自車位置情報を測る「GPS」を標準搭載しました。

続きを読む

品切れ

売れ筋ランキング