ペットフードとトイレシーツについて

ペットフードとトイレシーツの重要性

ペットを飼い始める上で重要なものに、ペットフードとトイレシーツが挙げられます。ペットフードは生き物にとって食事が必要であることからも大切ですが、人間との違いから与えていいものと悪いものがあるという点でとても重要視されます。体の大きさや体の構造の違いによって食べられないものも多く、必要な栄養バランスも異なります。飼育に際しては何か食べるものがあればいいというわけではないため、安心して与えられる専用のペットフードが重宝されます。

また、専用のペットフードであっても金額や内容物などは様々です。家族の一員として過ごすようになったペットたちは以前に比べて寿命が長くなっていると言われていますが、この一端を担っているのがペットフードの力です。栄養バランスの整った、よりそのペットに合ったものを与えると健康寿命を延ばすことにもつながる反面、ものによっては粗悪さから病気などにつながる可能性も懸念されます。

トイレシーツは主に、人間との共生にとって大切です。ペットと家の中で一緒に暮らす家庭が多い中で、ペットの問題行動の一つに数えられるのがトイレを一定の場所でできないということです。もしもトイレが一カ所でない場合、洗濯や掃除が大変になります。中には濡れることによって使えなくなるものも出てくるでしょう。トイレが定まらないことは人間の負担を大きくするため、トイレシーツによるトレーニングをすることは重要です。

専用の商品を使うことにより、掃除がしやすいことも利点です。水分を吸い込み広げず、布地などと違い床に染みることもありません。上手に使えば余分な掃除の手間が減り、お世話の時間短縮にもつながります。

ペットフードとトイレシーツの選び方

ペットフードやトイレシーツには様々な種類があります。そのため飼い主がペットに合わせて選択をする必要が出てきます。まず、ペットフードについては使われている素材と共に栄養について確認します。必要な栄養素が揃っている製品には給与試験済みの総合栄養食である旨が記載されているため、これを参考にするといいでしょう。総合栄養食と新鮮な水さえあればペットは栄養不足になりません。反対に一般食や副食と記載されているものについては他の栄養素を補う必要が出てきます。素材については品質と消化の良さを基準にします。 ライフステージに応じた選択をすることも必要です。ペットにも成長期や老年期があります。成長期には嗜好の幅を広げることが大切ですが、シニアになると食欲がなくなるためフードに工夫をする必要が出てきます。それぞれのペットに合った選択をするようにしましょう。

ペットシーツではサイズがよく重視されます。ペットのサイズによって選ぶことが多く、シーツの上でペットが一回りできるサイズが適しているとされています。厚さも重要で、薄型と厚型から選ぶことができます。薄型は金額が低くなる傾向にあり、ペットの尿の色が確認しやすいというメリットがあります。ただし吸水性は厚型に比べると低めで早めの取り換えが必要です。厚型は吸水性にすぐれているため数度の使用ができるペットも多くなります。人間の好みとペットの好みの両方の観点から選ぶことが重要です。

ペットフードとトイレシーツの保管方法

ペットフードやトイレシーツはその重要性からストックがあると安心です。しかし、多頭飼いの場合には特にかさばりやすいことから保管方法に迷う場合も多くなりがちです。保管する際には次のようなことに気を付けます。

まず、ペットフードの場合には酸化という現象に注意が必要です。油脂や脂肪を含む場合であれば特に、フードの袋を開封した時点から劣化が始まってしまいます。もちろん開封していなくても使用できる期限があるため、ペットの食べるスピードにそぐわないようなあまりに大量のストックは無駄になるリスクがあります。例えばドッグフードの場合、1キロ入った袋より10キロ入った袋の方が割安である場合が多くなります。しかし、1頭の小型犬が食べるのは1カ月でおおよそ3キロ程度しかないこともあるので単純に得とは言えません。消費量に合わせた商品を選ぶと、新鮮な状態で食べきることができます。

ドライフードのストックの場合は基本的に冷蔵庫は避け、涼しくて風通しのいい日の当たらない場所に置きます。冷蔵庫に入れないのは結露が発生しやすく、それによりカビが生える可能性があるからです。開封したものは密閉しやすい小型の容器に分けて、できるだけ空気を抜くことで酸化を遅らせやすくなります。ペットフードは様々な種類が出ているので、商品に合わせた指示に従うのが得策です。

トイレシーツの保管はそれほど過敏になる必要はありませんが、特に薄手のものの場合は取り出しやすい場所に置くことが望まれます。これは交換の頻度が高いためです。ペットのためにも素早く利用できる保管方法を模索します。ストックとは別に、取り出しやすい場所に数枚から数十枚保管する手段もよく取られます。

ペット用品一覧はこちら
Now Loading...

Now Loading...

特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!