エアコン購入の際の選び方と確認事項

エアコンの選び方

近年では、家電量販店の他にインターネットサイトからでもエアコンを購入することができます。性能や値段を確認することも大切ですが、部屋の間取りや省エネ機能などを確認しておくことも重要なポイントです。購入したエアコンを長く使用するために、選び方のポイントをいくつか紹介します。

種類ですが、大きく分けて3つあります。壁掛けタイプは、一般的に販売されているもので、室内機と室外機が分けられています。窓用タイプは、室外機が不要で、自分で設置することが出来ます。賃貸物件では、エアコン設置のために壁に穴をあけてしまうと、退去時にトラブルになりかねないので、そういった場合に窓用を購入するケースがあります。しかし一般的に、壁掛けタイプと比べて音が大きい物が多いので、睡眠時などの日常生活場面では支障が出ることもあります。床置きタイプもあり、外観が良く低い位置にあります。大手ガス業者が販売している床暖房も、こちらに該当します。

次に、部屋のサイズも選び方のポイントの一つです。スペックとしては暖房で6から8畳タイプは、冷房では7から10畳タイプとなります。さらに枝分けをしていきます。木造で平屋、南向きの和室の場合のスペックは暖房6畳、冷房7畳ですから、6畳タイプの商品を購入すると良いです。鉄筋で南向き、中階層の洋室においては、暖房8畳、冷房10畳ですから、8畳タイプの商品を購入するようになります。

部屋の大きさや場所、つくりなどを踏まえて、用途に合わせたエアコンの選び方として参考にしてください。

エアコン取り付けする前のチェックポイント

エアコンを購入する前に、部屋の構造・省エネ評価などをチェックする必要がありますので、いくつかポイントを紹介します。

ブレーカーは確認する大きなポイントです。ブレーカー及び毎月の電気の検定表においてもアンペアを記載されています。30アンペア以上無いと設置が出来ませんので、不足している場合は補強のための電気工事及び電気契約の変更が必要となります。不明な点は契約している電力会社に相談するようにしましょう。コンセントの確認も必要です。標準タイプを使用すると、発煙や発火のリスクがあります。購入前に電圧や電流を確認したうえで、使用できるか否かを確認する必要があります。

壁掛けタイプでは室外機が必要となりますが、その設置環境も確認しましょう。室内機は上側・左右に5cmのスペースが無いと使用できません。室外機は左右と奥行きが5cm以上、前面25cm以上ないと設置できません。設置環境に合わないものを使用すると、故障やトラブルの原因となりますので、注意が必要です。配管用の穴が無いと、室内外機を繋ぐことが出来ません。穴が無い場合及び既に穴が開いていても繋がらない場合は、穴あけ工事をしなくてはいけません。

近年では省エネ性能が付いたエアコンも多くなっているので、こちらも選び方のポイントの一つです。5段階評価で評価が高い場合は機能性が高く、快適な商品となります。毎日使用する場合は、光熱費の節約にも一役担います。ただし、相応に値段が高くなります。使う頻度が高い部屋にはおすすめですが、あまり使用しない部屋には高くつきます。予算を含めて使用する見込みの年数や頻度をシミュレーションしたうえで機種などを決めることをおすすめします。

エアコンは性能が高くなっていますが、設置環境における電気の配線や状況、部屋のつくりをあらかじめ確認しておかないと大きな事故にも繋がりかねません。それらの点は、電力会社への相談を含めて購入する前におさえておく必要があります。

エアコンを取り付ける際及びその後の対応のポイント

エアコン取り付けをする際、業者に依頼する場合の費用及びいくつかの確認事項を紹介します。

基本料金に含まれているサービスは概ね、室内外気設置及び同一フロア設置の工事です。配管の穴あけが必要な場合も、対応してもらえます。別途追加料金がかかる場合として、配管が長めの場合の設置、壁面などの室内外機特殊設置、電気や電圧の切り替えなどの工賃などが挙げられます。通販サイトから購入する場合は、出張料金が別途発生することが多いです。

新規で取り付ける場合は問題ありませんが、取り外しと取り付けを同時に行う場合、古いエアコンは処分するようになります。その際にリサイクル料金が発生します。取り外し、運搬が必要な場合にもそれぞれに別途費用がかかるので注意しましょう。

その他としては、壁がコンクリートであると工事に手間がかかるため断られることがあります。室外機までの距離が遠い場合では、配管が長くなることで水漏れのリスクが増すこともあります。住環境も購入前に確認しておきましょう。

このようにエアコンを取り付けの際には各種費用が発生するので、取り付けの技術はもちろん、商品の購入の際に業者ごとに異なる工賃やサービスの仕組みをおさえることも、選び方の大きなポイントになります。

関連記事
エアコン メーカ一覧
Now Loading...

Now Loading...

ポイント・クーポン情報