こたつの選び方における重要なポイント

日本人に親しまれているこたつ

こたつは日本人の使っている暖房器具の中でも親しみのあるものだと言えるでしょう。みかんの置かれたこたつを囲んで一家団欒という風景は古くから続く馴染み深いものです。ところで、日本人がこたつを使い始めたのはいつの時代からなのでしょうか。室町時代には囲炉裏の上にやぐらを組んで布団をかけていたと言われており、当時は床に炉を掘り込んだ掘りごたつ式の形状だったとされています。江戸時代には炬燵開きや炉開きと呼ばれる行事があり、11月の最初の亥の日にこたつを出す風習がありました。亥の月は昔は10月で現代の11月に当たりますが、亥は火を免れるという教えにより、その月の亥の日に暖房器具を使用し始めると火事になり難いとされていました。

現在はやぐらの裏に電気製の熱源が付くので、囲炉裏のように床を掘ることはほとんどありません。また炭火に代わって電気熱が使われるようになったので火災のリスクは随分と軽減されましたが、期間をあけて電源を入れると中から焦げ臭い匂いがすることもあります。これはヒーター部分に溜まった埃などが熱せられて匂うもので、できれば使用開始時に掃除機で内部の埃を吸い取ってから使う方が安心です。

暖房器具の選び方は熱源により分ける方法があります。熱源が石油の石油ストーブや石油ファンヒーター、ガスを使ったガスストーブなどは熱効率が高く日本では主流でした。近年エアコンの大幅な普及に伴いこたつは一時台数が減っていました。これは生活パターンが洋風化したことも大きく影響しています。しかし家具調こたつの登場で趨勢が大きく変化し、流通台数も増えて人気を吹き返し始めています。

こたつにはどんな種類があるのか

こたつの分類法や選び方は様々ですが、ここでは進化の歴史に応じて分けてみます。最も古い歴史を持つのが掘りごたつです。昔の掘りごたつは炭火が熱源でしたが、今では電気のヒーターを熱源として形状は昔と変わらないものが残っています。掘りごたつは足を伸ばして着座できるので足腰への負担が軽く、腰痛持ちの方などに適しています。しかし床の工事から始めなければならないので簡単に追加することは難しいタイプです。

昭和の時代から馴染み深いのが四つ足の卓袱台形状のものです。卓袱台の裏側に赤外線ヒーターが取り付けられており、学生時代にこのタイプで麻雀を楽しんだという方も多いでしょう。こちらは天板を掛け布団の上にのせて使うもので、安価なため単身生活の暖房器具として今でもよく売られています。このタイプは冬を越すとヒーター部を取り外してテーブルとして使うことができますが、片付ける際には収納に場所を取り、夏場においてはやっかいもの扱いされることもありました。

その後出てきたのが、欠点を解消しようと暖房機能にテーブルの役目を追加し、冬以外でも使えようにした家具調こたつです。和室に合った家具調デザインが施され、単なる暖房器具としてだけでなく和テーブルとしての機能を併せ持つものです。しかし最近では居間がリビングなど洋室になることも多く、和風のものは減ってきました。

洋室の雰囲気を損ねないデザインとして登場したのがデザインこたつと呼ばれるもので、近年最もよく売られているタイプです。熱源は変わらず電気ヒーターですが、薄く設計されており、冬季以外に使用する際にほとんど目立たず洋風インテリアとしての役目を果たします。またエコ商品としてアピールされ、節電ヒーターや送風ファンなど暖房器具としての機能も進化しています。消臭機能など付加価値の付いたものも出回っています。

こたつの選び方のポイントとは

選び方として最重要すべきポイントは大きさと部屋の配置です。こたつの大きさは人数で大まかに決められますが、それ以外に部屋のレイアウトに見合った配置を考えなければなりません。家族でテレビを見る場合、テレビの前の席は空席にして全員が見渡せるようにします。食卓として使うことが多ければ全員でこたつを取り囲めるようにしますが、食事中にテレビも見るといった場合にはやはり空席を設けておく必要があります。部屋のレイアウトをよく確認して背中が窮屈になったり、テレビが近すぎたりしないよう空間を確保するようにしましょう。

形状は長方形、正方形、円形、楕円形などさまざまです。こたつ布団を掛ければ全方位に渡って50センチほど広がることを考慮しておきましょう。正方形のものは最もオーソドックスなタイプで、食卓として使えるだけでなく麻雀の雀卓としても使えます。2人だけで使うのなら80センチ角くらいで構いませんが、人数が増える場合は他の形状のものを検討しましょう。円形の形状はぎゅっと詰めると大人数で利用できますが、部屋のレイアウトに影響されやすいので検討が必要です。4人で使う場合は120センチ幅程度が適切です。

最も売れている形状が長方形のものです。4人家族で使う場合は使い勝手を考えてレイアウトを変更できます。目安として4人家族なら最低でも縦120センチ横80センチのタイプで部屋のサイズは8畳以上が必要です。5人以上の大家族やお客様を招待する時などには縦150センチ横85センチのビッグサイズもありますが、これを置くには10畳以上の広さが必要となります。各家庭での使用パターンと部屋の配置も考えながら検討しましょう。

こたつの商品一覧はこちら
    Now Loading...

    Now Loading...

    特集・キャンペーン
    ポイント・クーポン情報
    今会員登録すると100ポイント進呈!