十分な準備をすればマンションでもドラム式洗濯機が使える

購入する前に洗濯機の種類について理解しておく

家庭で使う洗濯機には色々な種類があり、洗濯機能だけを持つもの、簡易的な乾燥機が付いたもの、しっかり乾かせる洗濯乾燥機などに分類できます。洗濯機能だけを持った洗濯機は、乾燥させる機能を持たずシンプルな構造となっています。

乾燥機能を装備していない分だけ値段も安くなりますので、外に干すだけで十分な場合や別に乾燥機を持っている人は、乾燥機能を持たない洗濯機を選ぶといいでしょう。簡易乾燥機付き洗濯機は完全乾燥ができませんが、風などを使い脱水した後よりも乾いた状態にすることができる洗濯機となっています。洗濯乾燥機は、洗濯機に乾燥機能を持たせた製品です。洗った後の洗濯物を、ヒーターなどを使って乾燥させることができます。

どのように洗濯するかによって分類すると、縦型とドラム式とに分けられます。縦型洗濯機は、水を溜めた縦型水槽の中で、水の流れと遠心力を使い洗濯する方式です。水と洗剤をたくさん使い、高い洗浄力が期待できるという特徴を持っています。乾燥機能が付いているものは、回転させながら温かい風を当てて洗濯物を乾かします。

ドラム式洗濯機はドラムが横になっていて、洗濯物を上に上げて落とすという叩き洗いを行うのが特徴です。縦型洗濯機よりも少ない水で、洗濯することできるようになっています。乾燥についても、洗濯する時と同じように洗濯物を上から下に落として、温風を当てます。ドラム式洗濯機は、縦型の洗濯機よりもサイズが大きくなる傾向がありますが、最近はマンションなどでも、問題なく使える大きさの製品が販売されるようになりました。

間違いのない洗濯機を選ぶには

このように洗濯機は種類がたくさんあるので、洗濯の方式は縦型とドラム式洗濯機のどちらにするのか、乾燥機能の有無などを十分に理解して製品を購入しなくてはなりません。洗濯機の外観は同じように見えることも多いので、価格だけで製品を選んだのでは後悔する可能性もあります。

洗濯機は何年も使うことになりますから、どのような方式を使って洗濯し、どんな機能が付いているのかを確認することが大切です。必要な機能が付いていないと不便な思いをしてしまいますし、使わない機能が付いていると操作が煩雑に感じてしまいます。手軽に購入できる商品も多数販売されていますが、購入する製品を決める前に詳細な情報を入手して、どのような洗濯機なのかを理解しなくてはなりません。

そして、適切な洗濯容量の洗濯機を選ぶことも重要です。洗濯容量の不足しているものでは、何回も洗濯しなければならなくなりますし、必要とする以上の洗濯容量があるものを買ってしまうと、無駄にスペースを取り邪魔に感じてしまいます。

洗濯容量についての目安としては、家族の人数が2人までなら5キロ程度まで、3から4人の家族構成なら5キロから7キロ、それ以上の家族構成なら7キロ以上の製品が適切です。少し洗濯容量に余裕のある洗濯機を買っておけば、いつもよりも洗濯する量が多い時でも楽に対応できますが、洗濯機が大きくなるのに伴って、電気代と水道代も余計に掛かることは注意しなくてはなりません。

ランニングコストのことを忘れて購入してしまう人もいますが、電気代と水道代の増加はじりじりと家計を圧迫してしまいます。無駄な経費が発生しないように、適切な洗濯容量の洗濯機を選ぶことが大切です。

そして、住んでいる住宅に問題なく設置できるサイズの洗濯機を購入することも重要です。特にマンションなどに住んでいる場合は、適切なサイズの製品を選ばないといけません。

実際に使う時のことを考える

洗濯機を購入する際は、製品の具体的なサイズを調べて、住まいに問題なく設置できることを確認しておく必要があります。より確実を期すためには、実際にメジャーなど使って必要なスペースを確保できることを、チェックしておかなくてはなりません。

数字の上では問題がなくても、ドアの開閉に支障がないかなども調べておくことが重要です。置いた場所によっては洗濯機のドアの構造や位置の関係で、十分に開閉ができないこともありますから、その点についても事前に確認しておかなくてはなりません。特に一戸建て住宅からマンションなどに引っ越すなど住環境が変化する時には、以前使っていたサイズと同じものが使えないこともあります。

そして、洗濯機そのもののサイズだけではなく、用意してある防水用の設備が十分であることや、給水用の蛇口が支障なく使えることも調べておきましょう。マンションなどの集合住宅の場合は、水回りのトラブルを起こしてしまうと階下の部屋の住民にも迷惑を掛けてしまいます。そうしたことがないように、資料を読んで確認するだけではなく、洗濯機を設置するスペースを何度も調べて、問題がないことを確かめなくてはなりません。

縦型、ドラム式洗濯機など機能だけで購入する機種を決めるのではなく、設置して使う時のことも考えて製品を選ぶことが大切となります。

ドラム式洗濯機の商品一覧はこちら
Now Loading...

Now Loading...

特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!