日本と海外のビールの違いとおすすめの海外ビール

日本と海外のビールの違いとおすすめの海外ビール

日本ビールと海外ビールとでは味が異なる

暑い夏の季節には、冷えたビールがおすすめです。日本人だけでなく、外国の人にも大変人気があります。

そんな人気の高いビールですが、銘柄や作られている国によって味や風味がそれぞれ異なります。そのため海外ビールは、人によってそれぞれ好みが分かれやすくなっています。

例えばビールは苦めの方が好きだという人もいれば、爽快感のある方が好きという人もいます。

海外ビールにおける好みの違いは、ビールの消費量の高いアメリカ、ドイツ、日本においてはさらにはっきりとしています。よく比べられるのがビールに含まれているホップの苦みについてであり、国によって好みが分かれています。

したがってビールを製造している各メーカーでは、それぞれの国の人々の味覚や好みに合わせて造ることが一般的です。

こうしたビールにおける差についてもう少し具体的な例を挙げてみると、例えばアメリカ人の場合、日本人に比べるとアルコールに強い人が多くいます。

これは体格差によりアルコールの分解酵素タイプが異なるためで、とりわけアルコール度数の高いアメリカ人などからすると、ビールは水に近いという認識になります。

その他にも、各ビールに対するこだわりは国によってまちまちです。例えば世界屈指のビール王国とも呼ばれているドイツですが、ビール純粋令という法律があります。

これはどのような法律なのかというと、麦芽100%でなければビールではないという扱いです。そのためドイツ産のビールの場合、麦芽とホップ、水、酵母しか使われていません。

そうしたことからビールの品質の面では、とても厳しい条件がメーカー側にも課せられています。

こうした国の事情というのは、品質に対して定評のある日本と比べてみても歴然とした違いがあります。日本のビールといえば、麦芽入りビール以外にも発泡酒などさまざまなものが取り扱われています。

個性あふれるおすすめしたい海外ビール

海外ビールといえば、ドイツビールやアメリカビールだけでなく、ベルギービールも世界的にはかなり有名です。

とりわけベルギービールの場合には、1000種類以上にも及ぶビールの銘柄があります。豊富な種類のビールを造るために、ビールを造るための蒸留所も多数存在しています。

同時にベルギービールには大きな特徴があります。それはビールの銘柄が数多くあるので、それらの銘柄に合わせた専用グラスも多いという点です。

同じ海外ビールでもベルギーの場合には、ビール自体の味を楽しむというだけでなくそれに合ったグラスをチョイスする楽しみもプラスされます。

このような観点から、個性あふれる銘柄の多いベルギービールもおすすめです。

各海外ビールの中でも、最も日本に普及しているのはアメリカのビールです。

アメリカビールの場合、アメリカからわざわざ輸入せずに日本で製造しているものもあります。

日本の大手ビールメーカーの中には、アメリカのビールメーカーから日本でも人気のあるビールの製造ライセンスを取得して、日本で製造や販売をしているところもあります。

こうした日本人にも馴染みの深いアメリカビールもおすすめです。ちなみにアメリカはビール先進国と呼ばれています。

アルコールに強いアメリカ人の場合、喉が渇いたらビールを飲むという感覚の人が多いため、ビールの消費量が必然的に高くなっているという特徴があります。

ビールや発泡酒のバリエーションが増えてきている一方で、近頃ではアルコールが0.05%以下というほぼアルコールが含まれていないノンアルコールビールもよく見かけられるようになっています。

ノンアルコールビールは、ビールが大好きといったドライバーにもおすすめです。

お酒を飲む席においてもビールを飲んだ感覚を楽しみつつ飲酒運転を未然に防ぐことが可能です。

各海外ビールの種類は豊富で同時にグラスの種類も多い

ビールはそれぞれの国の人柄が味にも影響を及ぼしています。そのように特徴のある海外ビールですが、実はグラスにも各海外ビールにあったさまざまな種類があります。

まず一般的によく見かけられるのはタンブラータイプです。タンブラータイプの場合、飲み口が大きいので喉が渇いている時などにはぴったりです。

夏の暑い季節にビールを一気に飲み込めば、美味しいビールが喉元を潤してくれて最高の気分になるでしょう。

また、チューリップタイプのグラスであれば、飲み口が大きく広がっており、香りをより楽しめるようになります。

その他にも代表的なおすすめのグラスには、フルートタイプやバルーンタイプ、ピルスナーグラスなどがあります。

こうしたさまざまなタイプのグラスは、各海外ビールの味や特徴に合わせてチョイスしてみると良いでしょう。

極端な例を挙げれば、日本酒用のお猪口でビールを飲むのはふさわしくありません。

ビールの銘柄に合ったグラスでビールを飲み、また、そのグラスを眺めるというのもビールの楽しみ方の一つです。

Now Loading...

Now Loading...

特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!