おすすめしたい世界的に人気の高いワンランク上のブランデー

おすすめしたい世界的に人気の高いワンランク上のブランデー

ウイスキーとどう違うのか

ブランデーとウイスキーというのは、見た目はほとんど同じです。
ボトルのラベルに書かれている銘柄を見なければ、ほとんど違いが分からないという人も多いものです。これらはどちらも蒸留酒という部類になります。基本的にお酒は造り方によって蒸留酒と醸造酒に分けられます。
お酒の作り方ごとにいろんなお酒を分けるとするならば、ブランデーは蒸留酒になります。そして醸造酒には、ワインや日本酒などがあります。

大きな違いは使われている原料です。
例えばブランデーの原料であれば果実であり、ウイスキーの原料であれば穀物が原料として使用されています。
それぞれに独特の味や風味、魅力などがあるので、どちらがおすすめであるとは言い切れないのも事実です。

果実酒から造った蒸留酒は総称してブランデーと呼ばれています。
それでは具体的にはどんな果実が使われているのかと言うと、最も多く使用されているのはブドウです。
もちろんブドウ以外にも、リンゴやサクランボが使用されることもあります。一方ウイスキーはと言うと、大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物が使用されています。
そしてそれらの穀物を麦芽の酵素で糖化させ、発酵させてウイスキーができあがります。
このように、果実系と穀物系のどちらなのかが分かれば間違えることはありません。

こうしたお酒の造り方をさらに詳しく見ていくと、ワインを蒸留すればブランデーになります。そしてビールを蒸留するとウイスキーになります。
その他にもバーボンやスコッチと呼ばれるお酒もよく耳にされますが、このバーボンやスコッチは、バーボンウイスキーやスコッチウイスキーと呼ばれています。
これらはあくまでもウイスキーの一種という扱いになってきます。

お酒の製造工程を説明する際に蒸留という言葉がよく使われますが、この蒸留という製造工程をもう少し分かりやすく説明します。
お酒を沸騰させながら煮ると水分が蒸発しますが、その蒸発する気体成分をその後冷やして取り出すことを蒸留と言います。
もっと身近な現象で説明をするならば、海水を沸騰させて煮ると水分の蒸発する例が挙げられます。海水を沸騰させて煮るとお鍋には海水に含まれている塩分だけが残ります。
塩分ではなく、蒸発する水分だけを取り出すというのが蒸留とよく似ています。

ブランデーはストレートで飲むのがおすすめ

ブランデーの愛好家はたくさんいます。
飲み方としては、ロックや水割りよりもストレートで飲むのがおすすめです。もちろんロックや水割りで飲んでいる人も数多くいますが、ロックや水割りにしてしまうと氷や水で薄める形になるので、その分お酒自体の深い味わいや風味、香りなどが薄れてしまいます。
ちなみにアルコール度数は40度とかなり高いので、早く飲むとノドが焼けます。
そのため、ゆっくりと時間をかけて飲むのがおすすめの飲み方です。ゆっくりと飲めばお酒本来の深い味わいや香りをじっくりと楽しむことができます。

夏の暑い時期にはよく冷えたビールがぴったりですが、そんなビールには、プリン体と呼ばれる成分が含まれているので太りやすくなる傾向があります。
ところがブランデーの場合には、ビールとは違ってプリン体のような太りやすい成分が含まれていません。
またブランデーは蒸留酒なので他のお酒に比べて不純物が少ない、つまり太る要素となる成分がありません。したがって同じお酒を飲むのであれば、ビールよりはブランデーの方がダイエットをしている人にはおすすめです。

しかし太る要素が少ないと言っても、ワインを蒸留して造られているという点が気になりやすいものです。ワインと言えば、果実であるブドウを原料としているのでその分糖分も多めです。甘口のワインであれば、さらに多くなります。ブランデーは、ワインを蒸留しているので余分な糖分が抜けています。そうしたことからワインを蒸留しているのにも関わらず、太る成分が含まれていないということになります。

おすすめしたいブランデーの飲み方

おすすめしたいブランデーの楽しみ方や飲み方もあります。
たまに洋画などで外国人がバーのカウンターにてお酒の一気飲みをしている場面がありますが、こうした飲み方はおすすめできません。

ブランデーの風味や香りを楽しむためには、ゆったりとした時間の流れなども感じることが大切で、そうすることでより一層風味を確かめることができます。
例えばグラス一杯であっても、ゆっくり時間をかけて飲むのがおすすめです。特別な優雅なひと時を過ごすことができるでしょう。

中にはカウンターに出されたグラスのお酒を眺めて、グラスを傾けながら一人の時間を楽しんでいる人もいます。
こうした飲み方も穏やかな時間を過ごせるのでおすすめです。

風味や香りを楽しみやすい理由としては、アルコール濃度も関係しています。
アルコール濃度が40度程度と高めなので、手で温めながらゆっくり飲むとアルコールと共に空気中に漂う香りを楽しむことができます。

Now Loading...

Now Loading...

特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!