ビギナーや女性にこそおすすめしたい世界のウイスキーとは

ビギナーや女性にこそおすすめしたい世界のウイスキーとは

国産もビギナーや女性にはおすすめ

女性や若い方の中には、自分はまだ居酒屋で国産のウイスキーしか飲んだことがない、という人も多いのではないでしょうか。
どのようなことでもそうですが、ビギナーはまず何から手をつけてよいのか分からないものです。ウイスキーにしても、銘柄がたくさんあり過ぎて、どれを選んだらいいのか見当がつきにくいことでしょう。

世界には五大ウイスキーと呼ばれる名産地があり、そのうちの一つに日本も数えられます。
そのため居酒屋で普段飲んでいるものであったとしても、国産のものであれば実は国際的に評価の高いものを飲んでいるということになります。

ウイスキーには、そのまま飲むストレートや少しずつ水を加えながら飲む方法など多用な飲み方があります。
特にビギナーの方や女性は、ハイボールや水割りから楽しむことが多くなっています。国産のものであれば、水を加えても本来ウイスキーが持っている味や香りが崩れにくいといった特徴があり、飲みやすいということからビギナーの方やお酒に強くない女性におすすめです。
こういった理由から入口として国産物をチョイスすることは理に適っています。

一方で世界には数え切れないほどに多くの銘柄があり、その風味も実に多彩ですから、それを楽しまない手はありません。
有名な銘柄だからとか、名称に聞き覚えがあったからというだけの理由で選んでいては、自分の好みに合った逸品と出会うまで時間がかかります。

英国ウイスキーを楽しむ

五大ウイスキーのうち、スコッチとアイリッシュは現在のイギリス周辺が産地です。日本でも知名度の高

いスコッチは、スコットランド産ウイスキーの総称です。
日本のウイスキー製造は竹鶴政孝がスコットランドで学んだ製造法が基盤になっています。

スコッチは生産量でも、また蒸留所の数でも世界一を誇ります。その特徴は何と言ってもピート香にあります。
ピートとはドロ状の炭のことで、スコットランドでは昔から身近な燃料でした。麦芽を乾燥させる工程でピートをたくことにより、特有の薫製香がつきます。そのピート香のスモーキーさに対して個人の好みが分かれることがあります。

そして、スコッチは蒸留所の数が多いだけでなく、味わいも実に多様です。そのため、ひとくくりにスコッチと言っても銘柄によってかなり好みが分かれると言われています。
また、一緒に食べる食べ物によっても味わいが変わってきますから、その違いを感じる楽しさも味わえます。

一方アイリッシュは、アイルランド産のものを指し、スコッチと違ってピートを用いません。
また3回蒸留することによって余分な雑みが飛び、原料である大麦の若々しい風味が、飲む人の鼻腔をほんのりとくすぐってきます。
癖のないその風味と飲みやすさは、ビギナーの方や女性にもおすすめです。さらにアイリッシュは種類が少ないこともビギナーの方におすすめできる理由です。

初めて入店するバーでカウンターに座り、メニューを見ずにバーテンダーにアイリッシュが置いてあるかどうかを尋ねたり、水割りを注文したりとやりとりを行えば、ビギナーの方でも通のような振る舞い方に見えるでしょう。

北米系から選択するなら

五大ウイスキーのうち、アメリカンとカナディアンは北米大陸で製造されています。アメリカでは、原料も製法も異なるさまざまな種類が作られています。
また、大麦だけでなく、ライ麦やトウモロコシも使われています。

第一に挙げられるアメリカンの特徴は、バニラのような甘い香りがすることです。これはアメリカンの多くがオーク材で作られたたるを用いているからです。
そして熟成に使うオーク材のたるは内側を焦がした新しいたるを使用します。そのためオークから強い香りがつきます。
他の産地は寒冷な気候で製造していますが、アメリカンの場合は寒暖差のとても大きいエリアで生産されています。そのため熟成のスピードが他の地域よりも速く、味わいも強めになります。

日本でも名前をよく耳にするバーボンは、主にケンタッキー州で製造されています。
ケンタッキーの気候は、夏は30度を超え、冬は氷点下になります。51%以上トウモロコシを使用しているので、甘みのある香りと味わいが特徴として挙げられます。
甘口と聞くと女性向きのようにも感じられるでしょうが、アルコール感もとても強いのがバーボンです。バニラの香りが好きな人にはおすすめですが、キレのある飲み口から考えると女性やビギナーの方向きかどうかは難しい判断になります。

カナディアンは、その名のとおりカナダで製造されます。
国境を接するアメリカと同様に、原料となる穀物はトウモロコシ、ライ麦、大麦ですが、カナディアンの特徴はライ麦の使用率が高いことです。
そのため、あまり癖がないのが魅力的な部分で、ピート香のスモーキーさが苦手な方やビギナーの方にもおすすめです。
味わいがライトなので、日本の国産ウイスキーと同じで和食にも合うとされています。

Now Loading...

Now Loading...

特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!