自宅用におすすめのスピーカーの選び方

自宅用におすすめのスピーカーの選び方

スピーカーの種類と選び方

休日に自宅でお気に入りの音楽を楽しみたいと思う人は多いです。
食事や会話、読書のBGMとしても音楽は部屋の空間を彩ってくれます。音楽好きで室内をデザインしたい人は、スピーカー選びにこだわってみても良いでしょう。

しかしスピーカーは専門性の高い機械でもありますので、初心者はどれを購入すればいいかわかりません。
安い買い物ではありませんから、失敗せず自分にあったものを見つけたいと考える人も多いでしょう。

スピーカーの選び方の基本は形で、どこに置くかで選ぶことができます。
ブックシェルフ型やフロア型などいくつかの種類があります。

ブックシェルフ型は本棚に置けるくらいのサイズです。
低音の再生に限りがあるものの、コンパクトなので狭い場所でも置けますし、設置がしやすい点がメリットです。

フロア型は床に直接置きたい人におすすめです。
大きく重さもありますので設置するのが少し大変ですが、低い音もキレイに出せる点は魅力的です。
フロア型の値段は安価なものから高額なものまでさまざまですが、高級なものに多くみられる形です。

トールボーイ型は高さがありスリムな形が特徴で、テレビやルームシアターの横に置きたい場合に最適です。
トールボーイ型は低い音も出せ、音を出すユニット部分が多くある点がメリットですが、繊細な音を出しにくい点はデメリットです。

これらの他に、埋め込み型のスピーカーがあります。
埋め込み型は室内のインテリア重視の人やスピーカーを置きたくない人におすすめです。
壁や天井に埋め込む形で取り付けますので場所をとりません。
このタイプは、壁や天井に穴を開けるなど特殊な工事が必要となります。
店舗などによく使われていますが、一般家庭で使用することは少ないです。

スピーカーのユニットの数や形について

音質にこだわりたいならスピーカーのユニットの数や形の選び方を知っておくと良いです。
ユニットとはアンプから出た電気信号を、空気を震わせることで音に変換させるパーツです。
ユニットは丸い形をしており、1つのスピーカーに1個から3個程ついていることが多く、複数ユニットがついたタイプがよく使用されています。
1つのユニットはフルレンジスピーカー、2つの場合は2WAYスピーカー、3つの場合は3WAYスピーカーといい、3WAYはマルチウェイスピーカーとも呼ばれます。

フルレンジタイプは音の出口が1つということもあり、繊細な音を表現することに優れています。ですから、音域よりも音の再現性を求める場合はあえてフルレンジを選ぶこともあります。
2WAYや3WAYタイプのようにいくつもユニットがある理由は、さまざまな音域を別々に流すためです。
2WAYは低い音も高い音も出せ、趣味で音楽鑑賞するなら満足度も高く望めます。
3WAYは2WAYよりハイレベルな音質にこだわる人におすすめです。
低音と高音に加え、中音も微細に流せるので、人が聴きとれる音域をたくさん出すことができます。

ユニットの形は大きくわけて4種類あります。
コーン型は円錐の形をしており中音域を出すのに向いています。
ホーン型はラッパのような形をしており、前方に音が出るのを実感しやすいのが特徴です。
リボン型はリボンの金属に電気を流し振動させることで音を出す仕組みのユニットで、繊細な音や高音に強いです。
ドーム型はドーム状の振動版を震わせて音を出します。振動版に使用する素材によって音の印象が変わるという特徴があります。

自宅でおすすめのスピーカー

自宅で使用する場合は、リビングや寝室など置く場所によって選び方が変わります。
テレビ用に購入する場合も適したサイズを選ぶと良いです。

リビングは面積が広いため、大きさのあるフロア型や高さのあるトールボーイ型でも設置しやすいでしょう。
コンパクトサイズが良いなら本棚にブックシェルフ型を置くと部屋の空間がスッキリします。
ブックシェルフ型でも音質にこだわったハイレゾ対応タイプもあります。
また低い音も微細に表現できる3WAYタイプのトールボーイ型もリビングに向いています。心地よい低音を聴きながらくつろぎのひとときを過ごしたい人におすすめです。
スピーカーがさまざまな方向に向いているタイプもリビングに最適です。
多方向に音が流れて分散されるため圧迫感がなく、ゆったりBGMを流したい人に人気を集めています。
勉強や仕事、家事の合間に流しても、作業に集中しやすいメリットがあります。

テレビの音質にこだわりたい人は、画面サイズに合わせて探すと良いです。
スリムなものだとテレビの画面の邪魔をしません。
スマホの音楽を流せるタイプもあるので多種多様に使えます。4Kテレビタイプタイプも販売されています。

寝室はリビングより敷地面積が狭いのでワイヤレスタイプが人気です。
ワイヤレスでも低音が出せる音質の良い製品はありますし、球状になったお洒落なものもあり寝室のインテリアの邪魔をしません。
また、防水加工したワイヤレスタイプは、バスルームでも音楽を楽しめます。ワイヤレスタイプは使い勝手がよく便利なのが魅力です。

スピーカーの商品一覧はこちら
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!