ベッドの選び方 - 後悔しないためのポイントを紹介

ベッドには、マットレスや形状などを含めると、とにかくたくさんの種類があり、寝心地のよさやライフスタイルに合っているかどうかも含めて考えると選ぶのが難しいものです。
しかし、失敗すると値段が安いものでも処分するのが大変ですから、ベッド選びは後悔しないようにしなくてはいけません。
ここでは失敗しないための基本となるベッドの選び方のポイントを3つご紹介しますので、参考にしてください。

自分にとってベッドの狭さを感じないサイズを選ぶ

寝室の広さも関係することですが、後悔しないために一番重要となるのがベッドサイズです。
サイズの目安は、自分の肩幅プラス40cmです。
たとえば、セミシングルの横幅は90cmなので、肩幅が60cmの方の場合は狭さを感じてしまうでしょう。
ベッドサイズが広い場合は特に問題ありませんが、狭いと感じるとどうしても寝心地が悪くなってしまい、これが毎晩続くのは大変苦痛です。

ワンルームだったり、寝室自体が狭かったりする場合は大きいサイズのベッドを選ぶのは難しいかもしれませんが、できる限りサイズを優先することが後悔しないための一番のポイントです。

ただ、ベッドは奥行きを選べるものもあります。
身長が低いという方は奥行きが小さいショートタイプを選ぶとその分部屋を広く使えますから、部屋の広さに対してベッドのウエイトが大きすぎるという場合は奥行きで調整してみるとよいでしょう。

自分の好きな寝心地でマットレスを選ぶ

ベッドのマットレスは、ポケットコイルスプリングかボンネルコイルスプリングが主流となっています。
ポケットコイルスプリングは、一つひとつのコイルが独立していてバネの個数が多いので、ふんわりと柔らかい寝心地が実現します。
また、点で体を支えることから、寝たときにコイルが体にフィットして体を自然なラインに整えてくれます。

ボンネルコイルスプリングは、コイルがすべて連結されているタイプです。
全部つながっているので、点で体を支えるポケットコイルと違い、マットレス全体で体を支えます。
支える面積が大きい分、体が沈まない作りになっており、寝返りが打ちやすいというメリットがあります。

このように、ベッドのマットレスはスプリングの形状によって寝心地が違うので、自分の好みに合ったものを選びましょう。
ちなみに、ベッドの種類によっては畳が敷いてあるタイプもあり、お布団感覚で使えますから、マットレスが苦手という方はこういったタイプを選ぶのもよいでしょう。

必要な機能を考えておく

フレーム付きのベッドだと、引き出しが付いているタイプや時計などが置けるチェストが付いているタイプ、ライトが完備されているタイプなどがあります。
また、ソファーとしても使えるソファーベッドやベッドの下の部分を活用できるロフトベッドなど、ベッドによっては眠ること以外の機能が搭載されているものがあります。

日本は1部屋が狭い一方で、機能性のあるベッドの種類が豊富です。そのため、必要な機能を考えておくことも、選ぶうえではとても大切です。
収納スペースが少ないのであれば引き出し付きやロフトベッドにする、部屋が狭いけどベッドとソファーが欲しい場合はソファーベッドというように、自分に必要な機能を兼ね備えているベッドであれば、多少デザインが好みでないとしても、使い勝手がよいので後悔しにくくなります。

デザイン性を重視してしまうと、使い続けているうちに不満が出てくることが多いものです。
もちろんベッドもインテリアの1つですが、実用性という部分を無視してしまうと、毎日の生活の中では使いづらいと感じてしまいます。
「機能が搭載されているものを買えばよかった」と後悔しないように、事前に必要な機能をしっかり検討しておきましょう。

満足できるベッドは生活のクオリティを高めてくれる

ベッドは、とりあえず眠れればよいという方もいるかもしれませんし、おしゃれであれば満足という方もいるでしょう。
ですが、ベッドによって睡眠の質や部屋の使い勝手の良さは変わります。
ベッド選びは生活のクオリティにも関わってくるものですから、適当な選び方をするのはおすすめできません。

ベッドは安い買い物ではありませんが、だからこそしっかりこだわって選ぶことで生活のクオリティを高められるので、妥協せずにサイズや機能性をチェックして、自分が一番満足と思えるものを選びましょう。

ベッドの商品一覧はこちら
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!