エアコンの電気代の計算方法は?節約方法と買い替えにおすすめの製品

季節によってはエアコンをつけっぱなしにしないと、屋内を過ごしやすい環境に整えられないことがあるでしょう。しかしエアコンをつけっぱなしにすると、電気代が高くなります。

電気代がどれくらいかかるのか、事前に電気代の計算方法を理解しておけば、ある程度の予測が立てられるでしょう。

今回はエアコンの電気代に関して、節約方法やおすすめの省エネエアコンについて紹介していきます。

エアコンの電気代の計算方法と目安

エアコンの電気代は、計算方法を理解しておけばある程度は予測がつけられます。事前に計算方法を把握しておき、どれくらいの電気代を使用しているのか確認してみましょう。

エアコンの電気代がどれくらいかかるのか計算方法と、おおよその目安について解説していきます。

エアコンの電気代の計算方法

エアコンの電気代は、消費電力量(kWh)と電気料金単価で決まります。電気料金単価については、住んでいる地域によって数値が変わってくるので、事前に確認しておきましょう。

また消費電力量(kWh)は、「消費電力(W)×使用時間(h)」÷1,000で算出できます。自宅のエアコンのスペックや使用時間によって消費電力量(kWh)が異なるでしょう。

電気料金単価は、27円程度が目安となっているので、電気代を計算する時の参考にしてみてください。

例えば500Wのエアコンを12時間使用した場合の計算式は、消費電力量が「500W×12時間」÷1,000=6kWhになります。

そこから、計算してエアコンの電気代は6kWh(消費電力量)×27円(電気料金単価)=162円になるでしょう。

エアコンの電気代がどれくらいかかるのか、今回の計算方法を利用すれば目安がわかります。

参考:「よくある質問 Q&A その他の質問 カタログなどに載っている電気代はどのようにして算出するのですか?」

エアコンの電気代の目安

各家庭によってエアコンの電気代は異なります。間取りの広さや利用しているエアコンなどによって、細かい金額が変わってくるでしょう。

目安としては、まず6畳用のエアコン(定格消費電力450W)を1ヶ月使用した場合、電気代は4,380円程度になります。

次に10~15畳用のエアコン(定格消費電力750W~1,100W)を1ヶ月使用した場合、電気代は7,290円~10,680円程度かかるのが目安です。

どちらも1日12時間は、エアコンを稼働させていることを想定した計算となっています。

細かい電気代については、契約している電力会社やエアコンの機種、使用方法によって変わってくるのでデータはあくまでも参考としてください。

参考:「今冬やるべき節電」

エアコンの電気代を節約する方法

エアコンの電気代が高いと感じた方は、電気代を節約できる方法を実践してみてください。習慣的に節約を心掛けることで、毎月の電気代を安く済ませられます。

具体的に、どのような方法でエアコンの電気代を節約できるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

スイッチのこまめなON/OFFを避ける

エアコンの操作で温度を下げたり、上げたりを繰り返すと消費電力が大きくなり、自然と電気代が高くなってしまいます。そのため、室内の温度設定を決めたら、必要以上に温度を変更しないようにしましょう。

温度を維持するだけなら、エアコンの電気代も高くならないので、節約のきっかけになります。

また少しの外出だけならエアコンの電源はOFFにせず、そのままつけっぱなしの方が部屋の温度も上下しないので消費電力が抑えられるでしょう。

エアコンの電源を何度もON/OFFすると、その度に設定温度まで温度を上げたり下げたりすることになるので、電気代が高くついてしまいます。

設定温度を調整する

設定温度を少し変えるだけで、電気代の節約に繋がることがあります。例えば夏で外気温度が31度であると仮定しましょう。その時に、冷房の設定温度を27度から28度に設定しておけば、電気代がおおよそ820円程度は節約できます。

冬で外気温度が6度と仮定した場合は、暖房の設定温度を21度から20度に変えるだけでも電気代がおおよそ1,430円は安くなるでしょう。

どちらも使用時間は1日9時間と仮定した場合の計算になるので、エアコンの電気代を節約する方法として実践してみてください。

参考:「無理のない省エネ節約」

サーキュレーターを併用する

エアコン代の節約として、サーキュレーター(または扇風機)を使用する方法があります。サーキュレーターは風を送ることで部屋の温度を均一に保ち、部屋の一部分だけが温まる・冷えるという状況を防いでくれるでしょう。

サーキュレーターはただ置くだけではなく、冷房と暖房の時で置き方を変えれば、より効率よくエアコンの利きを良くしてくれます。

例えば、冷房を利用する時にはエアコンが設置されている場所の対角線上に、サーキュレーターを配置しましょう。エアコンに向けて風を送るようにすれば、涼しい風が部屋一面に広がるようになります。

暖房を利用する時にはサーキュレーターを部屋の中央に置き、真上に向けて風を送ることで、部屋全体に温かい風が広がるようになるでしょう。

省エネ性能の高いエアコンに買い替える

今のエアコンが古いモデルの場合は、新しい省エネ性能の高いエアコンに買い替える方法もおすすめです。古いモデルのエアコンの場合は消費電力が高い可能性があり、省エネ性能のエアコンと比較すると、同じ時間稼働しても電気代が高くついてしまいます。

新しいエアコンには省エネ性能が搭載されている製品が多いので、長期的に見て買い替えた方が電気代の節約に繋がるでしょう。

電気代がお得なおすすめのエアコン

電気代を節約する手段として、省エネ性能が高いエアコンを購入する方法があります。しかしどのようなエアコンを購入すれば、電気代を節約できるのかわからないという方も多いでしょう。

そんな方のために、省エネ性能が高いおすすめのエアコンを紹介していくので、参考にしてみてください。

霧ヶ峰FZシリーズ「MSZ-FZV5621S-W」

霧ヶ峰FZシリーズ

メーカー名MITSUBISHI
対応畳数15畳~23畳

製品概要

2021年に販売された最新のモデルで、消費電力は1,600Wとなっています。「おまかせAI自動」など、室温の変化を分析して、冷房や暖房の強さなどを自動で調節してくれるのが特徴です。

おすすめの理由

省エネ基準達成率142%と、省エネ性能が高いエアコンになります。赤外線センサーが搭載されているので、人に合わせて効率よく部屋を温めてくれるでしょう。

同シリーズで本体サイズ等が同じの23畳用もございます。

さらに詳しい情報を見る

うるさらX S40YTRXS

霧ヶ峰FZシリーズ

メーカー名ダイキン
対応畳数11畳~17畳

製品概要

2021年に販売された最新モデルで、消費電力は1,060W程度となっています。換気しながらも加湿と暖房機能が利用できるので、快適な屋内環境に整えられるのが特徴です。

おすすめの理由

省エネ基準達成率128%と、省エネ性能も十分なエアコンです。屋外から新鮮な空気を取り込んでくれる設計になっているので、室内に淀んだ空気が滞留しないようにしてくれます。

さらに詳しい情報を見る

Airest(エアレスト)L-Pシリーズ「AY-L28P-W」

エアレスト

メーカー名SHARP
対応畳数8畳~12畳

製品概要

2019年に販売されたモデルで、消費電力は850W程度となっています。空気清浄機が踏査されているため、屋内の空気を綺麗に清浄してくれるのが特徴です。

おすすめの理由

「2020年度省エネ大賞」を受賞したエアコンです。空気清浄フィルター搭載により、ホコリによる風量低下が抑えられ、電気代の節約に繋がる省エネ性能が備わっています。

さらに詳しい情報を見る

「AY-N80X2-W」

N-Xシリーズ

メーカー名SHARP
対応畳数26畳

製品概要

2021年に販売されたモデルで、消費電力は2,650~2,900W程度となっています。プラズマクラスターが搭載されており、部屋の空気を綺麗に清浄化してくれるのが特徴です。

おすすめの理由

「エコ自動運転」の機能が搭載されているため、屋内の状況を自動で判断し、効率の良い稼働を実現してくれます。無駄な電力消費を抑えてくれるので、電気代節約に繋がるでしょう。

さらに詳しい情報を見る

白くまくんプレミアムXシリーズ

白くまくんプレミアムXシリーズ

メーカー名日立
対応畳数8畳~10畳

製品概要

「プレミアムXシリーズ」は「凍結洗浄 ファンロボ」機能による内部クリーン機能がポイントです。そして新たに排水トレーの自動掃除もあり清潔を保てるのも特徴です。また「くらしカメラAI」などが搭載されており、効率よく屋内の環境を適温に保ってくれるのもうれしい機能のひとつです。

おすすめの理由

除湿や夏の冷房も心地よく、冬は足元からのスピード暖房、さらに、室温が安定したら、風を感じさせない運転に、また家具などを避けて桐生をコントロールしてくれます。

さらに詳しい情報を見る

「CS-401DGX2」

エオリアGXシリーズ

メーカー名PANASONIC
対応畳数14畳

製品概要

20210年に販売されたモデルで、消費電力は1350W程度となっています。「ナノイーX」が高濃度になり、自動でエアコンをクリーンな状態にしてくれるのが特徴です。

おすすめの理由

新省エネ基準達成率 100%と、省エネ性能に優れているエアコンとなっています。おへや学習機能は運転するごとに、部屋が「冷えやすいか」「冷えにくいか」を解析し結果を蓄積しムダのない冷暖房が可能になっています。

さらに詳しい情報を見る

エアコンの電気代を節約したいなら買い替えも検討しよう

エアコンの電気代は温度の上げ下げが激しいほど、高くなります。また古いモデルの場合は、省エネ性能も低いので新しいエアコンに買い替えた方が電気代の節約になるでしょう。

長期的に見て、省エネ性能が高い製品を購入した方が電気代節約に繋がるので、ぜひ検討してみてください。

XPRICEで激安エアコンの商品一覧を見る

関連記事
エアコン メーカ一覧
スポットエアコン・窓用エアコン メーカ一覧
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!