洗濯機の寿命は何年ぐらい?故障を疑うべきトラブルとおすすめの製品

衣類を綺麗に洗浄してくれる洗濯機は、生活する上で必要不可欠な家電の一つです。そんな洗濯機も、経年劣化によって寿命を迎えることがあります。

洗濯機は突然故障して止まってしまうこともあるので、事前に故障した時の対応なども検討しておくことが大切です。

今回は洗濯機の平均寿命や故障した時によくあるトラブル、おすすめの洗濯機などを紹介していくので参考にしてみてください。

洗濯機の平均的な寿命は?

日頃から使用している洗濯機が突然故障して慌てないためにも、事前に洗濯機の寿命は理解しておくことが大切です。洗濯機の平均的な寿命とはどれくらいなのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

洗濯機の平均的な使用年数

基本的に、洗濯機の寿命とは使用環境や選択頻度などによって微妙に異なります。ただ平均的な寿命がどれくらいなのか把握することは可能です。

内閣府が令和2年に行った「消費動向調査」では、洗濯機の平均使用年数は総世帯で10.7年という結果となっています。ちなみに2人以上の世帯では10.2年、単身世帯では12.1年というデータもあるので、把握しておくと良いでしょう。

また洗濯機が故障した場合、修理してもらえる期間は、購入してから6年程度と言われています。理由としては、メーカーが補修用部品を保有している期間が「家電景品規約」で最低、洗濯機の製造終了後から6年程度と定められているためです。

6年の保有期間が過ぎた場合は、洗濯機が故障しても部品の在庫がないため修理してもらえない可能性があります。

洗濯機の使用期間に関するルール

洗濯機には製品の種類ごとに、「設計上の標準使用期間」が定められています。そのため、購入する前に洗濯機の標準使用期間を把握してから購入することが大切です。

製品ごとの標準使用期間は「長期使用製品安全表示制度」によって定められており、洗濯機の蓋の裏などにシールで貼り付けられています。剥がしていないのであれば、一度確認してみてください。

具体的に設計上の標準使用期間とは一定条件下で稼働させたときに、使用可能な期間の目安のことを示しているので、参考にしてみてください。

一定条件下とは1日の平均使用回数が1.5回で、年間の使用日数は365日、年間使用回数547.5回、1回の使用期間は「標準コースの時間」と定められています。

洗濯機が寿命を迎えたときに起こる主なトラブル

いつも使用している洗濯機が寿命を迎えたとき、様々なトラブルが発生する可能性があります。事前に把握しておけば、洗濯機の故障にいち早く気付けるかもしれません。

どのようなトラブルが発生するのか、詳しい内容を紹介していきます。

エラーが頻発する

洗濯機を稼働させて、何度もエラーが発生する場合は内部のコンピュータが故障している可能性があります。何度も確認して異常がないのにエラーが出るのは、洗濯機の寿命が訪れたサインなので覚えておきましょう。

実際にエラーが出た際には、洗濯機をチェックしてエラーの原因を探ってみてください。

洗濯機から異音がする

洗濯機を稼働させた際に、いつもとは違う異音が発生する場合があります。その時はモーター部品が故障している可能性があるでしょう。

洗濯機の中を確認して、異物が入り込んでいないか、洗濯物が隙間に挟まっていないのかよくチェックしてみてください。特に何も見つからなかった場合は、洗濯機の寿命である可能性があります。

脱水が正常に行われない

何度か洗濯を行っている中で、洗濯完了のサインが出たにも関わらず脱水が不十分な時は排水弁モーターなどが故障している可能性があります。洗濯機が稼働している時に、洗濯物が偏ってしまっていないか、排水溝の詰まりが発生していないか、排水ホースの接続は正しいかなどチェックしてみてください。

洗濯機をチェックしても、異常が発見できなかった場合は寿命による不具合が発生している可能性があります。

洗濯中に水漏れが発生する

洗濯機を稼働させている時に、水漏れが発生している場合があります。その時は洗濯槽にひび割れが生じている恐れがあるでしょう。

給水ホースや排水ホース、蛇口、ニップを確認した上で問題がなければ、洗濯機の寿命が訪れている可能性があります。

寿命を迎えた洗濯機の買い替えにおすすめの製品

寿命を迎えた洗濯機は、様々なトラブルを引き起こしてしまうことがあります。寿命を迎えるサインを見極めて、早めに洗濯機の買い替えを行うようにしましょう。

洗濯機を買い替えるときにおすすめの製品を紹介していくので、参考にしてみてください。

縦型洗濯機

日立の洗濯機

BW-DX90F-N ビートウォッシュ

メーカー名:日立

製品概要

液体洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれる機能が搭載された、縦型の洗濯機です。洗濯量に合わせて、適量を投入してくれるので、自分で計量するなど面倒な手間がかかりません。

おすすめの理由

「デリシャス冷凍」によって、食材を素早く凍らせることができます。食品の細胞が破壊されることを抑制してくれるので、解凍する際には美味しく頂けるでしょう。

複数のセンサーが搭載された「AIお洗濯」の機能によって、自動で適切な選択方法を選んでくれます。効率よく綺麗にしてくれるので、消費電力や水道代を安く済ませてくれるでしょう。

SHARPの洗濯機

ES-GE6 全自動洗濯機

メーカー名:SHARP

製品概要

全自動で6.0kgもの洗濯量を洗浄してくれる縦型洗濯機です。抗菌・防カビ加工が施されているので、洗濯物だけでなく、洗濯槽自体も清潔な状態に維持してくれます。

おすすめの理由

穴なしの洗濯槽が採用されているため、無駄な水が溜まる心配がなく、少ない水で綺麗に洗浄できます。節水にも繋がるので、お得に毎日の洗濯ができるでしょう。

「ガンコ汚れ」・「おしゃれ着」コースなど、衣類に合わせてコースが選べるので、自動で効率よく洗浄してくれます。

ドラム式洗濯機

SHARPのドラム式洗濯機

ES-W113-SL

メーカー名:SHARP

製品概要

洗濯11kg、乾燥6kgほどの容量があるドラム式洗濯機です。液体洗剤の自動投入や乾燥フィルターを自動で綺麗にしてくれる性能を持っています。

おすすめの理由

無線LAN対応の洗濯機であるため、スマホアプリ「COCORO WASH」を利用すれば、遠い場所にいても洗濯機の状況が確認できます。7つのセンサーが搭載されているので、洗濯状況に合わせて適切な運転を実行してくれるでしょう。そのため省エネ効果が期待できます。

PANASONICのドラム式洗濯機

NA-VX900BL-W

メーカー名:PANASONIC

製品概要

洗濯11kg、乾燥6.0kgほどの容量があるドラム式乾燥機です。様々なコース選択ができるので、自動で適切な水量・洗剤量で洗濯してくれます。

おすすめの理由

温水泡洗浄により、洗濯物の皮脂汚れをすっきり綺麗にしてくれます。また「約40℃毛布」コースなど、毛布を洗濯できるのも特徴です。

「サッと槽すすぎ」コースなら、洗濯槽の汚れを綺麗にして、洗濯物に汚れが付着することを防いでくれます。

SHARPのドラム式洗濯機を一覧でみる

洗濯機の寿命はトラブルサインを再確認

普段から使用している洗濯機にも寿命はあります。事前に平均寿命を把握しておき、故障に備えておくことが大切です。

また洗濯機にトラブルが発生している時は、寿命を迎えているサインかもしれません。エラーが発生している時に洗濯機を調べてみて、異常が見つからない時は寿命を疑ってください。

もし洗濯機が寿命を迎えているなら、今回紹介したおすすめの洗濯機を参考に、買い替えを検討してみましょう。

関連記事
洗濯機 メーカ一覧
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!