洗濯機の選び方は?購入時に考慮したいポイントとおすすめ製品10選

衣類を洗浄するために必要な洗濯機ですが、さまざまな性能のモデルが販売されているため、何を基準に選べばよいのか迷ってしまう方も多いでしょう。
いくつか種類がありますが、乾燥機能付きや洗浄力などを比較して、
自分に合っている洗濯機を選ぶことが大切です。

今回は洗濯機を選ぶ時には、何を基準にすべきなのか、詳しい内容を解説していきます。
おすすめの洗濯機も10個紹介していくので、参考にしてみてください。

洗濯機の選び方

洗濯機はいくつも種類があるため、何を基準に選べばよいのか迷ってしまうことがあります。
そんな時に検討して欲しいのが「洗濯方式」や「洗濯容量」などについてです。詳しい選び方について解説していきます。

洗濯方式

洗濯機はドラム派?縦派?迷っているあなたに読んでほしい!

洗濯機の種類は主に「縦型」と「ドラム式」があります。
縦型洗濯機は、洗濯物を上から入れる方式の洗濯機となっており、洗濯槽の下にあるファンが回転することで水流を起こす洗濯機です。
縦型洗濯機は、衣類同士をこすり合わせる「もみ洗い」によって、汚れを除去します。

ドラム式の場合は、本体前面から洗濯物を入れるタイプの洗濯機で、
ドラムが回転することで衣類を叩き落して洗浄する「たたき洗い」によって汚れを除去するのが特徴です。

洗浄力の観点から選ぶなら縦型洗濯機のほうが優秀な傾向にあります。
ただドラム式は乾燥能力や省エネ・節水性に優れているのが魅力です。

家庭に最適な洗濯機を選ぶためにも、どちらの方式を採用すべきなのか特徴を把握しておきましょう。

また中には2槽式と呼ばれる洗濯・すすぎと脱水を行う槽が分離している洗濯機もあります。

洗濯容量

洗濯機は一度に洗濯できる容量の目安として、「洗濯容量」が設定されています。
家庭に合っている洗濯容量の洗濯機を選ぶ目安としては、人数×1.5kg程度が理想です。

また普段の洗濯量や洗濯頻度も考慮して、洗濯容量を決める方法もあります。
例えば数日おきにまとめて洗濯する方なら、洗濯容量が大きい製品を購入したほうが望ましいです。

サイズ

自宅に洗濯機を置く場合、サイズ感も把握しておく必要があります。
洗濯機置き場のスペースは住居によって限られているので、幅・奥行き・高さの寸法はしっかり測っておきましょう。

洗濯機のサイズが大きすぎると設置できなかったり、扉の開閉に支障でたりするおそれがあります。
特にドラム式洗濯機の場合は右開き・左開きがあるので、
洗濯機置き場のスペースの状況に応じて、適切な開き方の物を洗濯しましょう。

機能

近年、洗濯機は多機能化されており全自動洗濯機をはじめ、
静音機能付き、洗剤自動投入機能付き、スマホ連携機能付きなどの便利な洗濯機が増えています。

機能性はメーカーや製品ごとに搭載されている内容が異なるので、事前に確認してから購入しましょう。

ただ多機能な洗濯機は購入価格も高い傾向にあります。
必要な機能やどれくらい予算があるのか考慮した上で、適切な洗濯機を選びましょう。

洗濯機を選ぶときのポイント

家庭に合った洗濯機を選ぶ場合、どのようなポイントに着目すべきなのでしょうか。
洗濯機を選ぶときのポイントを解説していくので、参考にしてみてください。

ライフプランを考慮する

洗濯ライフ

洗濯機は一般的にこまめに買い替える家電ではないため、ある程度は長期的なライフプランを考慮して選ぶ必要があります。
現在一人暮らししている方でも、将来的に同棲や結婚の予定があるなら、家族向けの洗濯機を選んだほうが安心です。

前もって大容量の洗濯機を購入しておけば、パートナーと一緒に暮らすことになっても、買い替える手間が省けます。

設置可否は業者に確認してもらう

洗濯機の機能性や価格だけに着目するのではなく、購入前には確認しておかないといけない項目が複数あります。
例えば、洗濯機の搬入経路を確認して、洗濯機置き場のスペースまで運び出せるサイズ感なのかなどチェックしておくことは大切です。

他にも、部屋の間口サイズや蛇口、排水口の位置、洗面所の配置、防水パンの大きさによっても置ける洗濯機の種類は異なります。

知識がない人では、適切な洗濯機の種類を見極めることは困難なので、
見積もりを依頼した時点で業者の方に設置可能か確認してもらうようにしましょう。

エクスプライスでは、洗濯機のご購入とあわせて設置サービスをお申込みいただけます!詳しくはこちらをご覧ください。

予算を決めてから製品を選ぶ

洗濯機の価格帯には幅があり、多機能なタイプほど製品の価格は高くなる傾向にあります。
事前に予算を決めておけば、製品の選択肢を絞れるので、どれくらいの価格帯で探すのか検討しておきましょう。

予算を抑えたい人は、型落ちの製品を狙うという方法もあるので、新モデルにこだわらない方におすすめです。

おすすめの洗濯機10選

洗濯機の選び方を紹介してきましたが、実際にどのような洗濯機があるのか気になる方もいるでしょう。そんな方のために、おすすめの洗濯機を10個紹介していきます。

縦型洗濯機

NA-F70PB14

NA-F70PB14

メーカー名:パナソニック 

製品概要

全自動洗濯機で、乾燥容量は化繊2.0kg(送風乾燥)です。高い洗浄力でしっかり皮脂汚れを除去してくれます。

おすすめの理由

溜まった糸くずを簡単に除去できる「楽ポイフィルター」が搭載されたモデル。しっかり捕集してくれるので、日頃の掃除も楽になります。

パナソニックFシリーズは5.0kg~9.0kgまでサイズがございます。※品切れの場合がございます。ご了承ください。
ビートウォッシュ BW-DKX120G

ビートウォッシュ BW-DKX120G

メーカー名:日立

製品概要

縦型洗濯乾燥機で、乾燥時には衣類のシワを伸ばす機能が搭載されたモデル。液体洗剤や柔軟剤を量らなくても、自動で適量の洗剤を投入してくれるので入れすぎを防いでくれます

おすすめの理由

洗濯時には温風と水道水のミストを吹き付ける「温水ミスト」で、衣類の黄ばみをきれいに落としてくれます。衣類に熱が伝わりやすいので、除菌やウイルスを抑制してくれる効果も期待できるためおすすめです。※条件によって効果は異なります。

タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュシリーズの他のラインナップもございます。※品切れの場合がございます。ご了承ください。
ES-PT10F

ES-PT10F

メーカー名:シャープ

製品概要

穴なし槽となっている縦型洗濯機。外側や底裏についた黒カビや汚れが槽内侵入を防ぎ、清潔な水で洗濯できます。

おすすめの理由

「温つけおき洗いコース」では、洗剤液と衣類を温風で温めてくれるので、汚れを落としやすいのが特徴。「ハンガー除菌・消臭コース」では、普段洗えない衣類をプラズマクラスターの力で消臭してくれるので、嫌なニオイをしっかり除去してくれます。なお、衣類のサイズや種類、ニオイの種類や強さによっては十分に消臭できないことがあります。

ES-PWのモデルには、ワイシャツのえり汚れなどを綺麗にする「超音波ウォッシャー」を搭載しています。※品切れの場合がございます。ご了承ください。
HW-DG10A

HW-DG10A

メーカー名:ハイセンス

製品概要

独自形状のパルセーターと立体シャワー水流によって、効率よく汚れを除去してくれる縦型洗濯機。衣類の絡まりも抑えられる仕様になっています。

おすすめの理由

静音性に優れている「低騒音インバーター制御」が採用されているので運転音を抑えられます。夜間の洗濯でも気になりにくいです。

JW80WP01BK

JW80WP01BK

メーカー名:MAXZEN

製品概要

7種類の洗濯コースが用意されている全自動洗濯機。乾燥方式に「風乾燥」を採用しており、ヒーターを使用せずに高速回転による風を送るこむことで衣類の水分をとばしてくれます。

おすすめの理由

電気量を調整して効率よく運転する仕様になっているので、運転音を抑えて稼働してくれます。夜間の洗濯でも気になりにくいです。

MAXZEN洗濯機シリーズは5.0kgから二層式洗濯機などラインナップがあります。※品切れの場合がございます。ご了承ください。

ドラム式洗濯機

NA-VX900BL

NA-VX900BL

メーカー名:パナソニック

製品概要

温水専用ヒーターで洗剤液を温めて、濃密泡によって繊維の汚れも除去してくれる「温水泡洗浄W」が搭載されたモデル。皮脂汚れなどもしっかり洗浄してくれます。

おすすめの理由

脱水時の水を利用して、外槽の内側やドラム槽外側を洗浄してくれる「カビクリーンタンク」が採用されたドラム式洗濯機。清潔な水で、衣類を洗濯することができます。

ビッグドラム BD-SV110GL

ビッグドラム BD-SV110GL

メーカー名:日立

製品概要

時速300kmの高速風でシワを伸ばしてくれる「風アイロン」が搭載されたモデル。洗濯後はきれいな仕上がりになるため、着心地のよさが実感できます。

おすすめの理由

衣類や洗剤の種類に合わせて、適切な洗い方を自動で判断してくれる「AIお洗濯」の機能が搭載されているドラム式洗濯機です。細かく設定しなくてよいので、気軽に洗濯が済ませられます。

ZABOON TW-127XH1L

ZABOON TW-127XH1L

メーカー名:東芝

製品概要

抗菌しながら繊維の奥まで洗浄してくれる「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」が搭載されたドラム式洗濯乾燥機。高い洗浄力と、抗菌効果で使い勝手抜群の洗濯機です。

おすすめの理由

パワフルながらも低振動・低騒音なので、早朝や深夜でも洗濯できるモデル。仕事帰りで、洗濯が遅くなってしまう方におすすめです。

シャープ ES-H10F-WL

ES-H10F-WL

メーカー名:シャープ

製品概要

高圧シャワーノズルから、清潔な水道水を噴射し、衣類の汚れを除去してくれるドラム式洗濯機。温風で温めながら汚れを落としてくれるので、清潔な状態に仕上げてくれます。

おすすめの理由

最適なドラムの動きで衣類の痛みや型崩れを抑えてくれる「ホームクリーニングコース」を搭載したモデル。お気に入りの衣類も、きれいに仕上げてくれるでしょう。

Cuble NA-VG750L

Cuble NA-VG750L

メーカー名:シャープ

製品概要

洗浄液を温めて、濃密な泡で繊維の汚れをきれいに落としてくれる「温水泡洗浄W」が搭載されたドラム式洗濯機。気になる皮脂汚れも綺麗に落としてくれます。

おすすめの理由

脱水時の水を使って、外装の内側に洗剤カスが付着しないようにする「カビクリーンタンク」が採用されたモデル。清潔な状態で衣類を洗濯できます。

家庭に合ったサイズや機能性の洗濯機を選ぼう

洗濯機の種類はさまざまあり、家庭によって適切な物が異なります。サイズや機能性を比較して、適切な洗濯機を選ぶようにしましょう。

今回紹介した洗濯機は、どれも高性能な洗濯機ばかりなので、気になる製品があればチェックしてみてください。

関連記事
洗濯機 メーカ一覧
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!