ライフスタイルに合わせた炊飯器の選び方

ライフスタイルに合わせた炊飯器の選び方

基本の炊飯器の選び方

炊飯器は、壊れた時や新生活スタートの時に購入するケースが多いです。
炊飯器を買い替えたら、ご飯の味がレベルアップしたという声もあります。
ご飯を毎日食べる人は、性能などを追及したいという人もいるでしょう。

納得のいく炊飯器を見つけるには、選び方がポイントとなります。
種類は豊富なので、用途や好みにあわせて探すと自分に合ったものを見つけられます。

近年の流行として炊飯器はご飯を炊くだけでなく、主菜や副菜、デザートなどを自動で作れる機能があります。
圧力釜で100度以上の高温を与えられるタイプや、まんべんなく熱を加えやすい機能、リーズナブルな価格のものなどバラエティに富んだ製品が目白押しです。

美味しさを追求し、高級な材質を使用した釜も需要があります。
一方で、味にこだわりがあまりなくリーズナブルな価格で探す消費者もいます。
炊飯は2合までの少量用の場合、強い火力は不要ですが、3合以上になると火力の強さで味や食感が変わります。
選び方で重要なのは炊飯量で、お米を食べる人の数によって何合用を選ぶか選択することになります。

一つの目安ですが、2人までの所帯の場合3合用でも対応可能です。
3人から5人程度の所帯になると5.5合は必要になります。
4人から6人程度の所帯では8.5合を選ぶとよいでしょう。

ライフスタイルは所帯ごとに違うので、使い勝手がいいと思うものを選びます。
1日に食べるご飯の量が少なくても、まとめて炊いて冷凍保蔵するなら、5.5合前後を選ぶと便利です。
仕事や塾などで帰宅時間が異なる家族がいる場合は、保温力に優れたタイプがお勧めです。
ご飯を食べる人が少ない、食べる頻度が少ない家庭でも、炊飯器はおかずや蒸し物、ケーキなどをさっと作れるメリットを持っているので、一つあれば何かと役に立ちます。

加熱方法でみる炊飯器、内釜の種類について

炊飯器に熱を加える方法は、IHや圧力IHなどさまざまな種類があります。
選び方のコツは、炊き上がりや値段など何を優先させるかです。

中でもまんべんなく米に熱を加えられるのがIHです。
電磁力のチカラで釜自体が熱を発するため、ムラなく均等に熱を与えられます。

IHに圧力鍋の要素を加えたタイプは圧力IHです。圧力IHは一気に100度を超える熱を与えるので、お米の芯からふわっと炊き上げられるメリットがあります。

またスチームIHは上から蒸気を加えるタイプで、ご飯の甘味と香りを引き立たせるのに長けています。
マイコン式は釜の下のヒーターで熱を加えるタイプです。
炊き上がりにムラができやすいため、なるべく厚手の釜を選びます。

唯一電気を使用しないのがガス炊飯です。
電気炊飯器が主流ですが、かまどで作った時のように美味しく仕上がるという理由でガス炊飯にする人もいます。

炊飯器の火の加え方で知っておきたいのが内釜の種類です。
最近はあらゆる材質の内釜が採用されているため迷うことも少なくありません。
内釜は米の炊き上がりや、熱の伝えやすさを左右する重要な部分です。
主に内釜は厚手のタイプ、複数の材質を使ったタイプ、内部が真空になったタイプの3つがあります。

注目すべきは材質です。
内釜の材質には高温を出せる鉄やムラなく炊ける銅、熱を伝えやすい炭があります。
またふわっとした炊き上がりにこだわるなら土鍋を使った内釜がお勧めです。
材質にこだわった製品は多く、伝統的な鉄を使用したものや、土鍋タイプなども人気を集めています。

使いやすい機能がある炊飯器

炊飯器は、美味しさや需要にあわせた多彩な機能が搭載されていますので、こだわりの選び方をしたい人は色々と調べてみましょう。
近年人気のある機能は蒸気レスタイプやコースの種類が多いもの、スマホ連携が搭載されているものなどです。

蒸気レスタイプはお米に熱を加える際、水蒸気が上がらないので小さな子どもやペットのいる家族に向いています。
通常の炊飯器にも蒸気が出にくいモードを搭載した製品があります。

コースがたくさん選べるタイプも最近のモデルに多いです。
無洗米専用のコースは予熱時間が長いため米が水分を十分に吸収しやすく、デンプンによる焦げや炊きこぼれを防ぐ効果が期待できます。
普通のコースより時間が長くかかりますが、無洗米が美味しく炊けます。
健康志向の人の増加に伴い玄米コースも人気を集めています。
玄米は長時間水につけてから炊くため手間がかかりますが、玄米コースは40度程度の温度で予熱するので、効率的に米の吸水率アップが望めます。

味にこだわる人からは、お米にあわせた炊きわけコースが選ばれています。
炊きわけコースはお米の種類や銘柄、食感まで選択できる優秀な機能です。
固めが好きだったり、もっちりした食感が好きな人も、炊きわけコースがあれば嗜好にあわせて炊飯できます。

あると役に立つのがスマホと連携できる機能です。
専用アプリをスマホにインストールし、銘柄や好みの炊き上がりにあわせた炊飯方法を自動で設定してくれます。
スマホ連携なら自動で作ってくれるので手間や時間の短縮が期待できます。

炊飯器の商品一覧はこちら
特集・キャンペーン
ポイント・クーポン情報
今会員登録すると100ポイント進呈!